亀頭増大の値段を下げることは可能?

亀頭増大は自由診療で高額になることが多い

かぜなどの病気や不注意によるけがで病院を訪れた場合、本来の治療費や医薬品代はかなりの高額なはずですが、実際に窓口で支払う金額は最大でも本来の値段の3割相当です。
これは国民皆保険制度でそれぞれの国民が何らかの公的保険に加入しており、その保険料などによって差額の部分がまかなわれているためです。
ところが亀頭増大のように病気やけがの治療には直接的にかかわらない治療の場合には、このような公的保険が適用されることはありません。
公的保険によらずにクリニックと患者側の個別の契約で行われる治療のことを自由診療といいますが、これは治療の内容が自由である反面、値段についても自由である上に、本人が全額を自己負担しなければならないという特色をもっています。
公的保険の適用があれば3割の自己負担で済んでいたところ、残り7割をあわせて10割もの高額な負担になってしまった状態といえばイメージがしやすいでしょう。

亀頭増大の値段を下げる工夫とは

亀頭増大は通常であれば自由診療に該当するため、どうしても高額になりがちですが、値段をできるだけ下げる工夫がないわけではありません。
亀頭増大とあわせて包茎手術なども希望している場合に、包茎によって健康が損なわれるおそれがあるのであれば、包茎手術の部分については公的保険の適用が認められる可能性があります。
このような抱き合わせの方法でトータルとして値段を下げる方法がひとつには考えられます。
ほかには自由診療はクリニックによって値段が大きく異なることを利用する方法が挙げられます。
各クリニックでも治療前のカウンセリングは無料という場合がほとんどですので、複数のクリニックを巡って料金についても相談し、見積もりをもらっておきます。
見積もりがあれば亀頭増大にかかる費用が明確な金額としてわかりますので、もっとも低い金額を提示してきたクリニックに依頼をすれば、値段を劇的に下げることができる場合があります。

まとめ

亀頭増大は通常であれば公的保険の適用がない自由診療にあたり、費用の全額を自己負担しなければならなくなるため、どうしても高額になりがちです。
もしも亀頭増大の値段を下げたい場合には、ひとつに公的保険の適用がある別の治療とあわせて行い、トータルとしての値段の引き下げを図る方法が挙げられます。
ほかには自由診療の料金は各クリニックの裁量であることを利用して、複数のクリニックに見積もりをもらい、もっとも低い金額のクリニックに依頼をする方法があります。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。