保険が使えるクリニックはかなり少ないので亀頭増大の値段は高い

亀頭増大などの手術に保険が適用できる場合があるか

わが国では国民皆保険制度のもと、病気やけがで健康が害された場合であっても、ごくわずかな窓口負担だけで適切な治療が受けられるようになっています。
しかし基本的に健康保険が適用されるのは病気やけがに該当する場合だけであって、身体的な機能をより改善しようとしたり、美観を整えたりする目的では認められないケースがほとんどです。
どのような治療に公的保険が適用され、その報酬の金額、とりもなおさず治療を受ける値段がいくらになるのかは、国が示している診療報酬点数表によってあらかじめ決まっています。
したがってこの診療報酬点数表に記載されていない場合には、残念ながら公的保険の適用はないということになります。
亀頭増大については明確な記載はなく、やはり単独では対象外となってしまいますが、いっしょに行われることの多い包茎手術などは表のなかに記載がありますので、目的によっては認められる余地がないわけではありません。

亀頭増大はほとんど自由診療なので値段が高い

亀頭増大はほとんどの場合、依頼者である男性自身というよりも、むしろ女性の性的な感受性を高める目的で行われるものとみられます。
この場合は本人のけがや病気の治療とは無縁ですので、やはり公的保険の対象外と捉えておいたほうがよいでしょう。
亀頭増大のように保険対象外となる治療であっても、クリニックに依頼をすることは可能ですが、費用のすべてを本人が自己負担しなければなりません。
このような形態のことを自由診療といい、保険での補填がない分だけ値段が高くなりがちです。
実はこの亀頭増大を受ける場合の値段はそれぞれのクリニックが自由に決めてよいことになっていますので、クリニックごとに値段の差が生じることがあります。
したがってもしも自由診療で亀頭増大を行う場合には、複数のクリニックの値段をあらかじめチェックしておき、値段が安いほうを選ぶなどの配慮が必要です。
もちろん値段だけで技術力が低いのでは論外ですので、最終的には値段とクオリティのバランスとなります。

まとめ

わが国の国民皆保険制度のもとでは、公的保険を適用できる病気やけがの治療は限定されており、診療報酬点数表に記載がなければその対象外と考えられます。
包茎手術などは目的によっては公的保険の対象となる可能性がありますが、亀頭増大はそもそも女性の感受性を高めるなどの目的で行われ、病気やけがに該当しないので対象外となっています。
もしもこうした保険対象外の医療を受ける場合には、それは自由診療として扱われ、本人が費用を全額自己負担することになるため、値段が高いのも当然といえます。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。